ブログ

手を着くと手首が痛いときのテーピングの方法

手は前腕部にある橈骨尺骨手首の根元にある8個の手根骨(近位、遠位)、手の甲の骨の中手骨、指の骨である指骨(基節骨・中節骨・末節骨)で構成されています。

詳しくはこちら

このうち前腕の骨の橈骨、尺骨、手根骨がいわゆる手首の動きに関わってきます。

手首をついたりすると手が痛い場合はまずこれらの関節の動きをよくしてあげる事が大切になります。

手を着くときの関節の動き

手を床やテーブルに着く動きの事を手関節の伸展と言います。
文献によって差があるのですが背屈の可動域は約85°とされており、そのうち橈骨と手根骨の間で50°手根骨同士で35°の動きが起こります。

また反対に手首を手の平の方に曲げる動きを屈曲と言います。
屈曲では比率が変わり橈骨と手根骨の間で35°、手根骨同士で50°とされています。

手首をついて痛みがでる場合はこれらの動きの協調が上手くできていない可能性が考えられます。

手首のテーピング

手首のテーピングの際にはキネシオテープを用いて行うと効果的です。
写真は右手が痛い場合のテーピングになります。



①手首の真下のしわの部分がテープの真ん中にくるようにして小指側から手の平を上に向けるようにして手首を一周するように巻いていきます。
このように手根骨の部分を覆うようにテープを貼ってあげる事で手根骨の動きを促してあげる事が出来ます。


②手首を屈曲した状態で肘の外側(外側上顆)から手の甲の半分ぐらいまでテープを貼っていきます。
外側上顆からは手首を伸展させる筋肉が多くつくため、手をついた際に手の甲側に痛みが出る方は①のテープとこのテープを合わせて貼ります。



③手首を伸展させた状態で肘の内側(内側上顆)から掌底部まで貼っていきます。
内側上顆からは手首を屈曲させる筋肉が多くつくため、手をついた際に手の平側に痛みが出る場合は①のテープとこちらのテープを合わせて貼ります。

上記の②のテープは外側上顆炎、③のテープは内側上顆炎にも効きますのでおすすめです。

まとめ

治療とテーピングを合わせる事でより効果を発揮します。
LIBONAでは上記以外にも様々なテーピングを治療や症状によって行います。
手首の痛みでお悩みの方は是非LIBONA整骨院へご相談ください。

トレーニング&整骨院 LIBONA
東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
☎03-6876-7711

トレーニング・治療体験受付中
60分¥5,400

保険診療
60分¥4320+保険一部負担金

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP