ブログ

夢のダイエットホルモンを取り戻せ!食欲コントロールホルモン、レプチンの効果としっかり働かせる2つの方法。

人には身体の機能を司る様々なホルモンがあります。

その中でも成長ホルモンや、女性ホルモンなどは健康番組や雑誌などで何かとよく目にするホルモンですが、レプチンというホルモンは普段なかなか目やにする機会の少ないホルモンです。

しかし、このレプチンはダイエットを行う上でとても重要な働きをしています。レプチンの働きやダイエットへの効果についてみていきましょう。

レプチンとは

レプチンは脂肪細胞から産出されるホルモンで、食欲を抑制する強力なホルモンです。

産出されたレプチンは脳の視床下部という場所に働きかけ食欲を抑え、交感神経の働きを高める事でエネルギーの代謝を促します。レプチンのこの働きによって人の体重は適切に保たれるようになります。

ちなみにこの視床下部(視床下部ー辺縁系)と呼ばれる場所は摂食、飲水、性行動、体温調節、情動行動といった、生きていく上で必要不可欠な行動の中枢があるため、本能行動を司る場所とされています。

食欲を抑え、エネルギー代謝を高めるといったダイエットを行う上では夢のようなホルモンなので、分泌量が多ければ多いほど良いようなイメージを持ちますが実際はそうではありません。

レプチン抵抗性

レプチンは全身の脂肪細胞から放出されるため、体脂肪の多い肥満の人ほど多く放出されます。
しかし、肥満状態の方ほどレプチンの作用による、食欲の減少が発生しません。

これはレプチンが常に高濃度で産出されてしまう事により、レプチンへの感度が低下してしまっているからです。

これをレプチン抵抗性と言います。

レプチンへの抵抗性が出来てしまった場合、いくらホルモンの血中濃度が高まっても、摂食の制限やエネルギー代謝を高める事ができません。脂肪が増えて太れば太るほどレプチンが作用されづらくなってしまいます。

食欲を抑えてくれるレプチンですが、肥満によってレプチンへの耐性ができてしまい、肥満になればなるほどレプチンによる食欲抑制が効かなくなってしまうと言う事です。

ではどのようにすればレプチン抵抗性を改善できるのでしょうか。

レプチン抵抗性を改善する為に必要な事

食欲を抑制するレプチンですが、分泌量が多ければ多いほどレプチンによる食欲抑制が効きづらくなってしまい、肥満になればなるほど食欲を抑えづらくなってしまいます。

そこでレプチンの効果を良くするために重要なのは、常に分泌されてしまっているレプチンの濃度を下げる事が大切です。

  • 適切な食事量に戻す事
  • 運動の習慣を身につける事

この2つが重要です。

レプチン抵抗性のラットを利用したレプチンの研究では、自発的に運動を行ったラットの方がレプチン抵抗性が弱まったという結果が出ています。

一過性の自発的な短時間運動によるレプチン感受性の増強作用は、IL-6 の中枢作用が一部関与すると考 えられる。しかしながら本研究においては、高脂肪食によりレプチン抵抗性を発症させたマウスに、活動期のみの自発的回転かご運動を 5 日間実施させただけで、その48時間後にはレプチン抵抗性が改善するという結果を得た。

上原記念生命科学財団研究報告集, 27 (2013)
101. 運動による脳レプチン抵抗性改善機序の解明

また、太ってしまいレプチンの抵抗性が起きてしまっても、運動を継続的に行う事でレプチンの働きを通常に戻す事ができます。

運動は体脂肪量に関係なく、体重を減少させ体脂肪が少ない状態を維持するとともに中枢神経系でのレプチンの作用を高めた。以上の結果は、身体運動は減少した体重を維持することを可能にすることによって、エネルギー恒常性に関わる中枢神経回路の反応に直接に影響するという考え方を支持している。

自発運動は高脂肪食によるレプチン抵抗性を体脂肪蓄積に 関係なく改善する

食事制限のみでダイエットを行うよりも、無理のない運動を続ける習慣をつける事がこの強力なホルモンの働きを取り戻す鍵になります。

また、リバウンドを予防するためにも、運動習慣を身につけ継続していく事が、レプチン抵抗性を防ぐ事にも繋がります。

レプチンでダイエットを加速する

数ヶ月に渡ってダイエットを行うと、長期間摂取カロリーが消費カロリーを下回った状態が続きます。そうなると身体は倦怠感や代謝を落とし活動を低下させようとします。活動を低下させる事でカロリーが下回った状態でも、身体を維持させようとするからです。

これを恒常性(ホメオスタシス)といいます。

代謝が低下してしまうと、食事をコントロールしてもなかなか体重が落ちなくなってしまいます。食事を減らしても体重が落ちず、さらに食事を落として倦怠感から身体が動かないなんてことにも。

そんな時は、あえて高カロリーを摂取して身体を飢餓状態から戻す食事方法があります。これをチートデー等と呼びます。低カロリー食により分泌が少なくなったレプチンの分泌を促して代謝を上げる効果があると言われています。

普段のダイエットよりも炭水化物を多く取り、レプチンの分泌を促す事でダイエットを加速させられます。

まとめ

レプチンは食欲を抑え、エネルギーの消費を高めるホルモンです。
しかし、食生活が乱れている日人や体脂肪が多い人ほどレプチンの効果が無くなってしまいます。

しっかりと食事をコントロールし運動習慣を身につける事は、単にカロリー制限で痩せるだけでなく、痩せやすい体質を身体の中から会得する事につながります。

まずは無理のない運動から始めて、痩せやすい身体作りを目指していきましょう!

LIBONA パーソナルトレーニング&整体ファクトリー

東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階

JR巣鴨駅 徒歩2分 都営三田線巣鴨駅A4出口 徒歩2分

TEL : 03-6876-7711
LINE : @libona

トレーニング体験 60分 ¥5,500
整体体験 60分 ¥5,500

整体体験は「 ホットペッパービューティー 」で受け付けております。

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
下記「詳細はこちら」をご確認ください。

関連記事

PAGE TOP