ブログ

テストステロンの分泌を促す6つの秘訣!男性ホルモンで男らしい心と身体を手に入れる。

身体の特徴や性格にも影響を及ぼす性差ホルモン。
男性ホルモンであるテストステロンやアンドロゲンにより、男らしい身体つきや性格が形成されてます。

昔よりも筋肉が落ち、おなかのお肉も気になってくる。
すぐに疲れてしまい、仕事への気力がない毎日。

ドキッとなったあなたは男性ホルモンが不足しているかもしれません。男性ホルモンの低下は体力や気力の低下にも繋がります。

この男性ホルモンについてや、ホルモン分泌を促す方法を見ていきましょう。

男性ホルモンとは

男性ホルモンは筋肉や骨の成長を促し、生殖機能に影響を及ぼすホルモンです。

男性ホルモンにはいくつかの種類がありますが、総称してアンドロゲンと呼び、95%が精巣で作られ、5%が副腎で作られています。

代表的なホルモンにテストステロンと副腎性アンドロゲンがあります。
それぞれを詳しく見てみましょう。

テストステロン

コレステロールを元に複雑なプロセスを経てテストステロンが生成されます。
テストステロンは思春期の性器の発達や骨格や筋肉の成長、脳や精神面に影響を与え、男性らしい特徴をもたらすホルモンと言われています。

テストステロンの高い男性は自身に溢れ、行動的で、リスクを厭わない内面を持つようです。

テストステロン値が高い人は、目標を定めて達成しようとする傾向があり、現実主義で、緻密で、凝り性で、力仕事以外の仕事をしたいといった特徴があります。
 一方、テストステロン値が低いタイプは、特に目標を持たず、とりとめのない空想にひたることが多く、強い者に逆らわず、細かいことはどうでもよく、やりたい仕事でなくても与えられた仕事をする。散漫で大ざっぱで、逃避的、事なかれ主義であきらめが早い。

順天堂大学医学部大学院医学研究科教授 堀江重郎

テストステロンの数値によりこれほど性格に違いが現れるのが分かります。

副腎性アンドロゲン

副腎皮質から分泌される男性ホルモンはデヒドロエピアンドロステロン(以降DHEA),アンドロステンジオンなどで20種類以上に及び、性ステロイドの前駆体ステロイドとして働きます。

6~7歳ごろから増加し始め、20歳前後にピークに達した後、加齢とともに直線的に低下し、70歳時ではピーク時の20%に85~90歳では5%まで低下してしまいます。

男性ホルモンが低下すると

冒頭でも述べましたが、男性ホルモンの低下は体力や気力の低下にも繋がります。
低下した事で起きる症状は大きく3つあり、「生殖機能の低下」性欲の低下やED。「精神症状」抑うつ感や落胆、不安、疲労感。「身体症状」睡眠障害、関節・筋肉関連の症状などが出てきます。

アメリカのボルチモア市の男性数千人を25年間追跡したボルチモア長期縦断研究によると、体温が低く、血中のインスリン濃度が低く、DHEA – S 濃度が高い男性は生存率が高い傾向を認めた。

老化バイオマーカー研究

興味深い事に、米国ボルチモアで行われた調査研究では、男性においてのみDHEAは長生きな高齢者ほど明らかに高いという結果が得られ、DHEAは少なくとも男性では長生き指標でもあることが示唆されています。

男性ホルモンの分泌を高める方法

男性ホルモンの低下により「生殖機能の低下」「精神症状」「身体症状」と内面外面共に影響を受ける事が分かりました。

年齢と反比例し分泌量が低下する男性ホルモンですが、分泌を高めるのに効果的な4つ方法があります。

ウエイトトレーニング

Willoughby氏が2004行った研究によると、ウエイトを使った高重量のトレーニングを行うと、血中のテストステロン濃度が上昇するとしています。

重量を使ったのトレーニングを連続しての3セット行ったところ、血清テストステロンを増加させ、筋原線維たんぱく質需要を増加させた。

Effects of sequential bouts of resistance exercise on androgen receptor expression.

脚や胸・肩・背中と言った大きな筋肉のトレーニング行う事で、テストステロン増加に更に効果的です。

食事

コレステロールを原料としてテストステロンは生成される為、コレステロールを含む食材を選択するようにしましょう。

また、亜鉛や良質な脂質を摂る事もテストステロンの分泌量を増やすのに効果的です。

禁酒または節酒

筋肉を付けるのに大きく関わっているテストステロンですが、急性的もしくは慢性的な飲酒により分泌濃度が低下してしまうと言われております。

それだけでなく、アルコール依存の男性においてはテストステロンの低下により、胸などに女性化が起こる事も示唆されています。(Van Thiel 1981)

アルコールによる影響については詳しくはこちらの記事をご覧ください。

挑戦する・競争する

挑戦することや競争に勝つこととテストステロンの関係については、いくつかの報告があり、猿山にいる猿のテストステロンを計測すると、ボス猿のテストステロンが最も高いそうです。

挑戦し目標を達成したり、競争し勝つことによりテストステロンが高まるようです。

十分な睡眠を取る

シカゴ大学の研究で、5時間睡眠と8時間睡眠でのテストステロン濃度を比較したところ、5時間睡眠では10~15%テストステロン濃度が減少したと報告されています。

7時間以上の睡眠を心がける事で、テストステロンだけでなく他のホルモンの分泌を促す効果も期待できます。

ワクワク・ドキドキする

家の中で休日を過ごすよりも、外に出て刺激を受ける事が大切です。

スポーツを観戦したり、オシャレをして出かけるなども、脳や交感神経を活性化させ、テストステロンの分泌を促します。

まとめ

男性ホルモンであるテストステロンやアンドロゲンにより、男らしい身体つきや性格が形成されてます。

この男性ホルモンは加齢とともに減少し、「生殖機能の低下」性欲の低下やED。「精神症状」抑うつ感や落胆、不安、疲労感。「身体症状」睡眠障害、関節・筋肉関連の症状などが出てきます。

「トレーニング」「食事」「睡眠」「禁酒・節酒」「挑戦・競争」「ワクワク・ドキドキ」などで男性ホルモンの分泌を促し、活気のある生活を送りましょう。

LIBONA トレーニングジム&整骨院

東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
JR巣鴨駅 徒歩2分 都営三田線巣鴨駅A4出口 徒歩2分
JR大塚駅 徒歩10分
都営三田線千石駅 徒歩10分

TEL 03-6876-7711

トレーニング体験 60分 ¥5,500
痛みケア保険診療 30分 ¥2,750+保険料

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
詳細はメール・電話にてお問い合わせ下さい。

関連記事

PAGE TOP