ブログ

突然起きるホットフラッシュ。更年期傷害かも?更年期症状は運動で緩和するかについて。

涼しい部屋にいるのに 顔が紅潮したり上半身に急に暑さを感じてしまったり、突然動悸が強くなったり、頭や顔の汗が止まらなくなってしまう等の症状をホットフラッシュと呼びます。

更年期の特徴的な症状と言われ、、約6割の女性が経験するとされています。

ホットフラッシュの原因になるホルモンや運動の効果についてみていきましょう。

更年期

更年期の症状としてホットフラッシュが挙げられましたが、そもそも更年期とはどういった時期を指すのでしょうか?

日本産婦人科学会は更年期と更年期障害について

閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を「更年期」といいます。更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。

公益社団法人 日本産科婦人科学会 更年期障害

としていて、この前後10年間に起こる様々な症状を「更年期症状」もしくは「更年期障害」と呼んでいます。
ホットフラッシュはこの中の代表的な症状の一つです。

閉経の定義

WHO(世界保健機関)は閉経を『卵巣における卵胞の消失による永久的な月経の停止。』と定義づけらえれ、日本人の平均閉経年齢は約50歳と言われています。

ホットフラッシュの原因となる2つのホルモン

女性の性ホルモンには2種類ありエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

エストロゲン

先ほどWHOの定義で卵胞消失による永久的な月経の停止とありましたが、この卵胞にはホルモンを分泌する作用があります。

この卵胞から主に産生され分泌されるホルモンがエストロゲンです。

エストロゲンは脂質をもとに作られるステロイドホルモンで、実際に分泌されるのは卵胞ですが、その指令は脳の視床下部によってコントロールされています。

エストロゲンは女性ホルモンなので、女性の生殖器に作用するのはもちろんですが、骨、皮膚、血管、血中脂質といったものにも作用します。

エストロゲン

エストロゲンはエストラジオール、エストロン、エストリオールの3種類の事を指します。 この中で最も強い作用をもつものが卵巣で作られるエストラジオールになりますが、閉経後は 脂肪組織や副腎で作られるエストロンがメインで分泌されるようになります。 なので完全にエストロゲンが分泌されなくなるわけではありませんが、量や作用も弱くなってしまいます。

エストロゲンは骨吸収を抑制して骨形成を促進、つまり骨を丈夫にしてくれる働きや血管を拡張して血圧を下げてくれる働きがありので、更年期には骨粗鬆症や血管系のリスクが高くなってしまいます。

プロゲステロン

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、生理周期にとても重要なホルモンです。
子宮や乳腺に働きかけたり、体温の上昇や基礎代謝更新させたりするような働きがあります。

更年期ではこの2つの分泌量が少なくなってきますが、脳は足りないホルモンを分泌する指令を出し続けてしまいホルモンバランスが乱れてしまいます。

この指令を出す脳の視床下部は、自律神経をコントロールしている場所なので、結果的に自律神経の乱れが起こります。

ホットフラッシュはホルモンバランスの乱れから、自律神経の乱れが起こり、血管の収縮と拡張がコントロールできなくなってしまって起こる症状です。

ホットフラッシュと運動の関係

ホットフラッシュと運動を扱ったスウェーデンの研究があります。

ここでは日常生活で運動習慣が無く 重度のホットフラッシュ(HF)や寝汗症状を有する平均55歳の閉経後女性58名を対象として、介入群は週3回×15週の筋力トレーニング、対照群には今まで通りの生活を続けてもらうという内容で、結果は

中等度および重度のHFは、対照群よりも介入群でより減少しました(平均差-2.7、95%CI -4.2〜-1.3)。
介入群での平均減少率は、-43.6%(-56.0 – 31.3)であったのに対し、対照群では変化がありませんでした 。

Resistance training for hot flushes in postmenopausal women: A randomised controlled trial

となっており有意にホットフラッシュ症状の低下が見られました。

更年期では骨密度の低下も起こりますが、トレーニング刺激は骨密度などにも良い影響を与えるため、非常に有効な対策法になります。

まとめ

更年期は必ず訪れる身体の大きな変化です。
特に関係するエストロゲンは精神的なものも含めて、身体全体に作用してきます。

上記の通り、運動は更年期症状を軽減できる結果が出ています。
また、更年期に入る前から運動習慣を持つ事で骨密度など肉体的な貯金をもつ事も非常に大切です。

徐々に運動の習慣を身につけていくようにして身体の変化に備えるようにしましょう。

LIBONA トレーニングジム&整骨院

東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
JR巣鴨駅 徒歩2分 都営三田線巣鴨駅A4出口 徒歩2分
JR大塚駅 徒歩10分
都営三田線千石駅 徒歩10分

TEL 03-6876-7711

トレーニング体験 60分 ¥5,400
痛みケア保険診療 30分 ¥2,700+保険料

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
詳細はメール・電話にてお問い合わせ下さい。

関連記事

PAGE TOP