ブログ

冬は太りやすい季節なの?忘年会、お正月と毎年太ってしまうあなたに送る対処法。

年末に向けてイベントも多く、食事の機会が増える時期になってきました。
それに伴って気になってくる体重の増加…
冬は太りやすいと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?
今年の冬はスリムなまま、過ごしたいという方のために、
今回はその理由と対策について、見ていきましょう。

冬はなぜ太りやすくなるのか?

そもそも、なぜ冬は太りやすくなるのでしょうか?
動物は冬眠するときに栄養を蓄えるということもあり、寒い時期は脂肪を溜め込みやすいという印象があると思いますが、冬に太る主な原因は以下のものにあると言われています。

暴飲暴食やバランスのとれていない食事

最初にお書きした通り、年末から年始にかけてイベントが多く、外食が増えてくると思います。
そういった場面では、塩分や脂質、糖質の多い食事やアルコールを摂取しがちです。
知らない間にいつもよりカロリーも多く摂取しているのです。
そして高カロリーな食事が続くことで、消費しきれなかったカロリーが体に蓄積され、冬太りに繋がってしまいます。
また、塩分の多い食事が増えることで水分を過剰に摂取してしまい、むくみも引き起こします。

運動不足

寒くなるとどうしても外に出て、運動するのが億劫になってきます。
そして年末年始の休暇で、日常の中でルーティーン化された運動もしなくなることがあるでしょう。
先ほどの高カロリーな食事を摂った上で、運動不足になると当然ながら脂肪が燃焼されず、体の中に蓄積されていきます。

身体の冷え

体が冷えて体温が下がった状態が長く続いてしまうと、何もしなくてもエネルギーを消費する「基礎代謝」も下がってしまいます。
消費するエネルギー量が減るので、普段通りにしているだけで余分なエネルギーが溜まり、太ってしまいます。
そして、冷えはむくみを誘発しセルライトを生み、痩せにくい身体を作ってしまいます。

本当に冬は太りやすいのか?

ここまで冬に太る原因を挙げてきましたが、全て冬だからといったものではありませんでした。
前述のような状態を続けていたら、季節問わず太ってしまうでしょう。

逆に冬は、気温低下に伴い体温が低下しないよう、恒常性機能によって身体が平熱の36度を保とうとし、内臓を冷えから守ろうと働きます。
熱を作り出そうとするのでカロリーが消費され、代謝も上がります。

また、褐色脂肪細胞と呼ばれる脂肪を燃焼させる細胞も、温度差によって刺激が与えられると働きが活発になることが分かっています。

つまり、寒い冬に褐色脂肪細胞を刺激するストレッチやエクササイズを行うことで、脂肪燃焼がどんどん促進されるということになります。
驚く事に冬の方が効率よくダイエットが出来るのです。
ただし、自分自身で熱を生み出せる身体であるという事が必須条件です。

対策法

エクササイズ

前述の通り、冬は夏よりも少しの運動量で、効率良く痩せることができます。
太らないようにするために、冬の間もこまめにエクササイズを続けることはとても重要になってきます。

特に寒い屋外でのエクササイズは、より体温を上げようとするのでオススメです。ウォーキングやジョギング、ウインタースポーツなどで楽しみながら行うのが良いでしょう。

また冬に気になる冷え対策としても、血行促進に効果があるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は良いと言われています。

とは言っても外に出るのは億劫だという方もいらっしゃると思います。
そういう方は家の中でのトレーニングや、普段使わない階段を意識して使ったり、通勤通学時に一駅分歩いてみるなど、手軽に取り入れられるところから始めてみましょう。

先ほどお伝えしたように、こまめにエクササイズを続けることが重要ですので、無理なく続けられる範囲で行いましょう。

食事

バランスの良い食事を心掛ける事が必要です。
最初に説明したように、冬は外食の機会が増え、どうしても炭水化物や脂質、糖質を多く摂取してしまいがちですので、たんぱく質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを食事から多く取るように気を付けてみてください。

具体的には、お鍋やスープ、煮込み料理などのあっさりした温かい料理がオススメです。身体を中から温める事で血行が良くなり、老廃物を排出しやすくなり、むくみやセルライトができるのを防いでくれます。

また血行不良になると身体が冷え、自分自身で熱を生み出せなくなってしまいます。
生姜(加熱したもの)、根菜野菜(人参、ゴボウ、玉ねぎなど)、赤身のお肉、タコなどはヘルシーで身体も温めてくれるので、食材として最適です。

注意点

冬は寒さから体温の発散を防ぐために、血管が収縮し血圧が上がりやすくなり、心臓への負担が大きくなるので、暖かい室内から寒い屋外に移動した際に、血圧の急激な変動によって心臓の血管が過剰に収縮し心筋梗塞を引き起こしてしまう事があります。
筋肉においても寒いと硬くなりやすく、柔軟性が低下し、筋肉や靭帯、腱などの損傷のリスクが高まります。

以上のリスクを減らすために、運動前のウォーミングアップはより入念に行いましょう。軽く汗ばむくらいしっかり行ってみてください。
ストレッチする場合は、スタティックストレッチは身体を温めにくいですので、身体を大きく動かすダイナミックストレッチを取り入れてみましょう。

まとめ

以上の事から、冬だから太るということではないという事がわかりましたね。
ほんの少し気をつけるだけで、体重増加を防ぐ事ができるでしょう。

今年の冬は、スリムな身体を維持し、心も身体も軽やかに春を迎えてみてはいかがでしょうか。

LIBONA トレーニングジム&整骨院

東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
JR巣鴨駅 徒歩2分 都営三田線巣鴨駅A4出口 徒歩2分
JR大塚駅 徒歩10分
都営三田線千石駅 徒歩10分

TEL 03-6876-7711

トレーニング体験 60分 ¥5,500
痛みケア保険診療 30分 ¥2,750+保険料

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
詳細はメール・電話にてお問い合わせ下さい。

関連記事

PAGE TOP