ブログ

骨格筋とはなに?意外と知らない筋肉の事。筋肉の3つの種類とその特徴について。

筋肉と聞くとまず思い浮かんでくるのは、腕や足、腹筋といったものが多いと思います。

トレーニングで重い重量を扱う時はもちろん、立ち上がったり、座ったりする時など身体を動かすときに必ず働いているのが筋肉です。

しかし筋肉はそういった表面から触れたり、動かしたり出来るものだけではありません。

今回は意外と分かっていない筋肉の種類や特徴について見てみましょう。

筋肉の3つの種類

筋肉はその構造と収縮の仕方などの特徴により3つに分けられる事ができます。

骨格筋

筋肉と聞いて多くの方がまず思い浮かべるのが、この骨格筋です。
骨格筋は名前の通り、骨にくっついている筋肉です。



基本的に骨格筋は関節をまたいで2つ以上の骨に付着します。
筋肉は長さを縮める事で働くので骨格筋は骨を動かし関節の動きを作り出す筋肉です。
骨格筋は運動神経に支配され、自分でコントロールして動かす事が出来るので随意筋とも呼ばれます。

骨格筋は骨に付着する部分の構造が変わり、細く強靭な組織に変わります。
この部分をと呼びます。

起始・停止の考え方

筋肉そのものが付着する場所そのものを起始・停止とよび、筋肉が収縮した際に動きが少ない方を起始、大きく動く方が停止と言います。

腕を例にみると、主に肘を曲げる作用のある上腕二頭筋は肩甲骨~前腕にまたがって付着しています。

肘を曲げる動作では肩甲骨はほとんど動かない為、前腕部が停止になる



肘を曲げる運動では、肩甲骨はほとんど動かず、前腕の骨が大きく動く為、肩甲骨が起始、前腕が停止になります。

腕や足などは起始、停止が明確で、体幹に近い方が起始、遠い方が停止になりますが、体幹部の筋肉では起始と停止が明確ではない場合が多いので、便宜上脊柱に近い方が起始、遠い方が停止、身体を上下に走行する筋育は骨盤に近い方が起始、遠い方が停止になります。

トレーニングを行う場合は、この起始部と停止部を意識する事でターゲットの筋肉に、刺激を与えやすくなります。

平滑筋

平滑筋は胃、腸、膀胱、血管、子宮などの管状、あるいは袋状の臓器の壁を作る筋組織です。

平滑筋は収縮の起き方によって、単ユニット平滑筋、多ユニット平滑筋の2種類に分けられますが、基本的に副交感神経、交感神経と呼ばれる自律神経支配を受けているため自分で収縮をコントロールする事が出来ないので不随意筋と呼ばれます。

緊張するとお腹が痛くなってしまったり、胃が痛くなってしまうのは、胃や腸が自律神経支配を受けている事も大きい原因にあげられます。

心筋

心筋は文字通り心臓を作っている筋肉です。

肺に挟まれるように位置している

心筋は骨格筋と平滑筋の中間の特徴をもっています。

骨格筋や心筋の繊維を顕微鏡で見てみると暗い部分と明るい部分が交互に分かれているような縞模様が見られます。

このような特徴を持つ筋肉を横紋筋と言います。
また心筋は自律神経の支配を受けるため平滑筋と同じく不随意筋に分類されます。

心筋の種類には2種類あり、主に収縮の刺激を伝える特殊心筋、その刺激を受け収縮する固有心筋に分けられます。

心筋も骨格筋と同じ横紋筋であるため、肥大を起こす事があります。

特に高強度の有酸素運動を行っている選手は 心臓が大きく、壁が厚くなることにより、1回の拍動で送り出せる血液の量が多くなります。

これをスポーツ心臓と言います。

まとめ

筋肉と聞くと骨格筋のみに目がいきがちですが、心臓や内臓も実際は筋肉で形作られています。

その中でも骨格筋は体重の40~45%を占める大きな組織です。
まずは骨格筋をしっかりとコントロールしていきましょう!

LIBONA トレーニングジム&整骨院

東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
JR巣鴨駅 徒歩2分 都営三田線巣鴨駅A4出口 徒歩2分
TEL 03-6876-7711

体験受付中 60分 ¥5,400

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
詳細はメール・電話にてお問い合わせ下さい。


関連記事

PAGE TOP