ブログ

冷え性を乗り越える。冷え性の原因と手軽に出切る4つの対策法

本格的に寒くなり、朝晩の冷え込みが気になる季節になり、冷え性の方には辛い時期になりました。

女性3000人以上を対象とした調査では冷え性を訴えた人は全体の52パーセントにものぼり、50歳以上の方には55パーセントの方が症状を自覚しているといったデータもあります。

国民病ともいえるこの、冷え性の原因と対策についてみていきましょう。

冷え性とは

冷え性は病気と捉えられていない分、明確な定義がありませんが一般に末端の冷えている感覚を常に感じている状態であり、それに伴う寝つきの悪さ、苦痛感を含めた物を含めて冷え性としています。

冷え性の原因

冷え性の原因はまだ仮説にとどまっている所が多いですが、冷え症は末梢の血流障害によると考えられています。
その血流障害を起こしてしまう原因として、以下の事が挙げられます。

自律神経の乱れ

人の身体にはONとOFFのバランスを取ると、交感神経と副交感神経があります。

交感神経の興奮が高まってしまっている事で抹消の血管が収縮し、結果血流量が低下してしまうにより冷えを感じやすくなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合エストロゲンといった女性ホルモンのバランス異常、それを引き起こしてしまうストレス環境などが挙げられています。

ポイント

従来冷え症はホルモンバランスの乱れがちな更年期女性の症状とされていましたが近年では若い女性にも多く見られるようになってきています。その背景としてストレスは見逃せない要因です。

筋肉量の不足・運動不足

人の血流は心臓の一回のドクンっという拍動で全身に血流を送ります。
なので手や足などの末端はもともと血流が悪くなりがちです。

筋肉が収縮するとポンプの役割を行ってくれるため、血流を促してくれる働きがあります。

更に、筋肉が収縮してエネルギーを消費する事で熱を産生してくれる働きもあるため、筋肉量が不足してしまったり、身体を動かす機会が少なくなってしまうと、血行が滞ってしまうため、冷えを感じやすくなってしまいます。

皮膚感覚の乱れ

暖かさや冷たさを感じるセンサーを受容器と呼びます。
温冷覚と呼ばれる温度を感じるセンサーは皮膚(表皮)のすぐ下に存在しています。

皮膚の真下にあるため外部からの影響を受けやすく、長時間の圧迫などでもセンサーが働きづらくなってしまうため、きつい靴下や下着などの圧迫でも体温調節の指令が伝わりにくくなってしまいます。

冷え性の対策法

運動

デスクワークなどで同じ姿勢が長く続くだけでも、筋肉の働きは弱くなってしまいます。

ふくらはぎの筋肉は第2の心臓と呼ばれるほどポンプの作用が強い筋肉なので、手軽に自宅で出来る爪先立ちのエクササイズがオススメです。

指が浮かないように親指、小指、かかとに体重を感じるように立ちます。

最後にしっかりと指先で地面を捉えるように意識しながら爪先立ちをしていきます。
軽く壁などに手をついてバランスをとりながら行いましょう。

普段の運動量が少ないと感じている方であれば、一駅分のウォーキングから始めてみるのも効果的です。

ストレッチ

運動が苦手な方はストレッチから始めてみましょう。

血流は心臓から始まり末端に流れます。
足先よりも心臓に近い部分の筋肉が硬い事で、結果的に足先の血流が制限されてしまう事もあるので、股関節のストレッチがオススメです。

マッサージ

先ほどお伝えしたように、筋肉には強いポンプの作用がありますが、動きが少なくなってしまった筋肉は血行不全になり、硬くなってしまいます。

マッサージを行い、コンディションを良くしてあげる事で筋肉に正常な働きをとり戻す事ができます。

足の冷えを感じる方には、特に足裏やふくらはぎ、スネの部分のマッサージを行うようにしましょう。

フォームローラーやマッサージボールなどを使う事で手軽にセルフケアを行う事が出来ます。

入浴

入浴には交感神経の興奮を鎮め、副交感神経を優位にしてくれる働きがあります。
ただし、熱いと感じるほどの湯温ではかえって交感神経のスイッチが入ってしまうので、38℃〜40℃ほどのお湯に浸かるようにしましょう。

まとめ

冷え性は病気では無い分、特効薬はありませんが生活習慣を少しづつ改善できると軽快していきます。

また、原因として挙げられたホルモンバランスの乱れや、自律神経の乱れはストレスが原因となって起こってきます。

エクササイズやマッサージなど、自分なりのストレス解消法をみつけて、冷え対策を行っていきましょう!

LIBONA トレーニングジム&整骨院

東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
JR巣鴨駅 徒歩2分 都営三田線巣鴨駅A4出口 徒歩2分
JR大塚駅 徒歩10分
都営三田線千石駅 徒歩10分

TEL 03-6876-7711

トレーニング体験 60分 ¥5,400
痛みケア保険診療 30分 ¥2,700+保険料

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
詳細はメール・電話にてお問い合わせ下さい。

関連記事

PAGE TOP