ブログ

動かすたびに股関節からポキっと音がする…これって一体なぜ?ばね股症候群について。

ばね股症候群という名前は、皆さんにとってあまり馴染みのない言葉かもしれません。
しかし、股関節周辺の動作に伴う引っ掛かり感や「ポキッ」という音が鳴る現象と聞くと、心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は運動している人に多く見られるばね股症候群、別名「弾発股」についてご紹介していきます。

ばね股症候群とは?

ばね股症候群(Snapping Hip Syndrome:SHS)とは、股関節の動きに伴う引っ掛かり感や「ポキッ」という音を特徴とする筋骨格系疾患で、関節内型(ISHS)と関節外型(ESHS)に分類されます。
ISHSでは弾発現象が股関節前部で発生し、腸腰筋の緊張が関与していることが多く、ESHSでは弾発現象が股関節の外側部分で発生し、腸脛靭帯の緊張が関与していることが多いです。

ばね股症候群の有病率は人口の5~10%であり、15~40歳の女性に最も多く見られ、反復動作と関連している事が多い為、ランニングアスリートやダンサーなどの罹患率が高く、特に若年層に多いと言われています。

股関節は球関節であり、骨の構造と軟部組織の構造によって下肢特有の可動性と安定性のコーディネーションが生み出されています。
関節の形状と腱構造による支持が組み合わさる事によって欲に荷重行動において安定性の高い可動構造が作られています。
股関節は屈曲と伸展、外転と内転、外旋と内旋という6つの運動方向を有します。
これらの動作は股関節周辺の筋群が協働して行われ、下肢の運動制御に関して特に関係の深い筋が、各動作の主動筋として挙げられます。

矢状面の運動制御は、前方向については腸腰筋と大腿直筋、後ろ方向については大臀筋とハムストリングによって行われます。
そして、股関節前面はISHSが最も多く見られる部位です。
前額面の運動制御は、主に股関節外転筋群(中殿筋と小殿筋)と股関節内転筋群(大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋、恥骨筋)によって行われます。
外転筋群は腸脛靭帯と共に、股関節と膝関節の外側方向の安定を助け、内転筋群は内側方向の安定を助けます。
そして、股関節の外側部分はESHSが最も多く見られる部位です。
最後に水平面の運動制御は、主に腸脛靭帯、股関節外旋筋群、中殿筋(前部と後部)、小殿筋(前部)によって行われます。

症状と障害のメカニズム

ISHSの場合もESHSの場合も、クライアントが最初に訴えるのは、動作時の痛みを伴わない引っ掛かりや、ポキッ、ガリガリという音です。
しかし、これが痛みへと進行していきます。
ばね股症候群を急性発症する事は滅多になく、性質上、潜行して時間経過とともに痛みが増悪します。

ISHSの場合は、ディープスクワット(90°を超える股関節の屈曲)や股関節の外旋で違和感が生じ、日常的な動作としては、立ったり座ったり、ランニングなどで引っ掛かりや異音を感じることがあります。
これは主に、腸腰筋の腱が腸恥隆起、股関節包前部、大腿骨頭、腸骨大腿靭帯を通過する際に引っかかる事によって起きます。

ESHSの場合、股関節の屈曲、外旋、内旋で違和感が生まれます。
重い荷物の運搬、階段の上り、ゴルフなどで感じる事が多いようです。
これは腸脛靭帯または大臀筋の腱が大転子を通過する際に引っかかって生じるか、回旋動作中にハムストリングス近位部が坐骨結節を通過する際に亜脱臼する事によって生じます。

ISHSやESHSのクライアントは股関節から下腹部の体幹部の筋力低下、筋膜制限、筋長の短縮などの症状を示す可能性があり、またISHSの場合は股関節前部の筋組織の筋長により骨盤前傾が増大する場合があります。

ばね股症候群に推奨される介入方法

マッサージ

ばね股症候群は問題を引き起こす原因として、タイプごとに固有の軟部組織の制限を有している可能性が大いにあります。

ISHSの場合は主に腸腰筋が関与しているため、腸腰筋と股関節前部の筋を対象としたマッサージを行うべきです。
同様にESHSの場合は、大臀筋、大腿筋膜張筋、腸脛靭帯複合体を対象とするマッサージが効果的だと考えられます。

ISHSとESHSの治療におけるマッサージには、疼痛を緩和し、症状(弾発現象など)を軽減する効果があります。
その他ハムストリングス、股関節外旋筋群、内転筋群にも制限がある可能性があるため、治療において対処する必要がありそうです。

ストレッチとセルフ筋膜リリース

マッサージの補強として、様々なストレッチやセルフ筋膜リリースを行うと良いでしょう。
ISHSの場合は、腸腰筋と大腿直筋のストレッチと股関節前部の筋群に対するフォームローラーエクササイズによるセルフ筋膜リリースが有効です。

フォームローラーエクササイズは、1分間×3セット(休息時間30秒)行う事によって、股関節の屈曲と伸展の際の関節可動域を増加させることが示されている。

Bushell JE, Dawson SM, Webster MM.
Clinical relevance of foam rolling on hip extention angle in a functional lunge position.他

ESHSの場合は、臀筋群、股関節外転筋群および外旋筋群に対するストレッチと、フォームローラーによる筋膜リリースを行うと良いでしょう。

ストレッチには、静的ストレッチ(30秒×3セット)やPNFストレッチ(固有受容性神経筋促通法)などの様々なストレッチを組み込むと筋長増大に効果的だと考えられます。
動的ストレッチも有効である可能性がありますが、実施には注意が必要です。
動的ストレッチは複数平面での股関節動作を要求するため、弾発現象や疼痛を誘発する可能性があるからです。
症状が出ない動作を選び行いましょう。

筋長増大を促すために、ストレッチとフォームローラーでの筋膜リリースを日常的に行う事が大切です。

ストレングスエクササイズ

筋力低下が見られ、それがクライアントの問題に関与していると判断される場合は、ストレングスエクササイズをする必要もあります。
ISHSの場合もESHSの場合も、股関節から下腹部の体幹部に対して適切な筋力と制御する能力を取り戻すことを助ける特異的なストレングスエクササイズが有効です。

ISHSの場合は、臀筋群と股関節外旋筋群のストレングスエクササイズが有効だと考えられます。
しかし、腸腰筋に対するストレングスエクササイズは弾発現象を誘発して、結果的に腸腰筋の腱を炎症させるリスクがあるため注意が必要です。
ダブルレッグブリッジ、シングルレッグブリッジ、レジスティッドヒップエクステンション、サイドレッグレイズ、クラムシェルなどの種目が良いでしょう。
これらの種目は、股関節の大筋群を対象としていますが、腸腰筋が主働筋ではないため、腸腰筋の炎症を招かないと考えられます。
他に、CKC種目としてシングルレッグスクワットとデッドリフトも良いとされます。
これらは、大臀筋の活動を活発化させることが知られており、大臀筋は腸腰筋に対して拮抗筋として働く為、ISHSに効果的と言えるでしょう。

ESHSで筋力低下が認められる場合は、股関節外転筋群と外旋筋群を対象とするトレーニングを実施すべきだと言えます。
サイドレッグレイズ、クラムシェル、サイドブリッジなどの種目が推奨されます。
CKC種目として、大腿筋膜張筋の活動を最小限に留めて股関節外転筋群の活動を強めるサイドステッピングも良いでしょう。

動的ストレッチと同様にストレングスエクササイズも、弾発現象や疼痛を誘発するようなエクササイズは避けるべきで、例えば多平面で行うCKC種目は、ISHS、ESHS共に弾発現象を引き起こす可能性がある為注意しましょう。

トレーニングのガイドライン

ではどのような調整や修正を行えば、ばね股症候群にとって効果的なトレーニングプログラムになるのでしょうか。
ばね股症候群のためのプログラム作成の構造的アプローチとして、ARRESTモデルと呼ばれるものがあります。

ARRESTモデルのAは、疼痛を伴う動作を回避する事(Avoid)を表します。
どのエクササイズ動作が痛みをもたらすか見極め、症状の増悪や再発を避けるために動作制限を設ける必要があります。
例えばISHSのクライアントが股関節と膝関節の屈曲角度が90°以上で痛みを感じる場合は、その可動域を避けてスクワットの角度を浅くすべきでしょう。

ARRESTの1つ目のRは、軟部組織の可動性を回復する事(Restore)です。
ISHSの場合もESHSの場合も、関与する構造に対するストレッチとセルフ筋膜リリースが最も効果的であると考えられます。

フォームローラーエクササイズによるセルフ筋膜リリースと動的ウォームアップを組み合わせて行うと、標準的なウォームアップよりも、ばね股症候群のクライアントには効果的である可能性がある。

Healey KC, Hatfield DL, Blanpied P, Dorfman LR, Riebe D.
The effects of myofascial release with form rolling on performance.他

ARRESTモデルの2つ目のRは、股関節と骨盤周囲の筋群の適切な筋力を回復すること(Restore)を表します。
筋力と持久力を測定し、動作パターンを評価するテスト(FMSなど)を実施して、筋力の低下があるかどうかを見極めると良いでしょう。
筋力低下が見られた場合は、その筋力を高め回復させるようなトレーニングの実施が必要となります。

ARRESTモデルのEは、再発を避ける方法を指導する(Educate)ことを指します。
再発の徴候、再発を避けるためのエクササイズ、適切なウォームアップとクールダウンの方法をクライアントに指導することです。

ARRESTモデルのSは、測定可能な回復目標を定めること(Set)です。
目標は客観的で測定可能なもので、現在の体力と機能的能力を考慮したものでなければなりません。
受傷時には運動量が減る事が多いが、これは当然体力を低下させるため、受傷前の体力状態戻るにはより多くの時間が必要になります。

ARRESTモデルのTは、中心となる運動プログラムを補完する自己管理プログラムを教える(Teach)事を指します。
例えば、軟部組織の適切な可動性を維持してばね股症候群の再発を防ぐには、構造化され期分けされたトレーニングプログラムに実施している場合も、その補助としてストレッチやフォームローラーエクササイズなどの回復エクササイズを日々実施する事が大事です。
そのような自己管理プログラムをクライアントに教える事も必要になります。

このARRESTモデルは、ばね股症候群の手術を行わない保存療法の為のプログラムデザインする際にのガイドラインとして助けになるでしょう。

まとめ

ばね股症候群は、一般的に反復動作によって引き起こされ、アスリートや運動する人々、そして一般の方にも広くみられる疾患です。
罹患してしまい、症状の悪化を軽減させるためには、股関節の基本的な構造、ばね股症候群の特徴的な症状、障害のメカニズム、保存療法、トレーニング方法を理解しておくことが必要です。
保存療法には、マッサージ、ストレッチ、フォームローラーエクササイズ、ストレングスエクササイズなどの様々な方策があります。
ご自身やクライアントに合わせた方策を見極めて実施する事が重要です。

LIBONA トレーニングジム&整骨院

東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
JR巣鴨駅 徒歩2分 都営三田線巣鴨駅A4出口 徒歩2分
JR大塚駅 徒歩10分
都営三田線千石駅 徒歩10分

TEL 03-6876-7711

トレーニング体験 60分 ¥5,500
痛みケア保険診療 30分 ¥2,750+保険料

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
下記「詳細はこちら」をご確認ください。

関連記事

PAGE TOP