ブログ

激痛を繰り返さないために!四十肩・五十肩予防のエクササイズ

四十肩や五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎は実は明確な原因は明らかになっていない部分が多く100%予防する事は難しいものです、
詳しくはこちらから

ただ四十肩、五十肩の方に共通してみられるのは姿勢の悪さや、ローテーターカフと呼ばれる肩関節を安定させる働きをする小さい筋群の活動の低下です。

今回はこれらローテーターカフを鍛えるトレーニングをご紹介します。

肩関節周囲炎に限らず、この筋肉の活動低下は肩こり等を引き起こしますので現在痛みの症状が出ていない方にもおすすめです。

ローテーターカフ

ロテーターカフは回旋筋腱板と呼ばれる比較的小さな棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋です。
この上腕骨のボールを覆うように取り巻く筋肉が正常に働くことにより、ローテーターカフの外側にある大きな三角筋や上腕二頭筋と言った、多くの筋肉をしっかりと動かす事ができるようになります。

棘上筋

棘上筋は腕を外に広げていく肩関節の外転という運動を行う筋肉です

棘下筋

棘下筋の主な作用は腕を外に捻る外旋という動きです。

小円筋

小円筋の主な作用は外旋になります

肩甲下筋

肩甲下筋の主な作用は腕を内側に捻る内旋という動きになります。

これらの働きが弱まる事で上腕骨と肩甲骨の正常な関係が崩れてしまい痛みを出しやすくなってしまいます。

更に詳しい肩関節の構造はこちらをどうぞ

ローテーターカフのトレーニング

ローテーターカフのトレーニングを行う上で重要な事は肩甲骨をあまり動かさないということです。
ローテーターカフは大きな筋肉ではないので肩甲骨や身体ごと腕を動かしてしまうと、周りの大きな筋肉を使ってしまい、効果が無くなってしまいます。
なのでこれからご紹介するトレーニングも重い重量で行う事が効果を出すわけではないので、初めは500mlのペットボトルに水を入れて行うぐらいでも十分です。

また立った状態で行うと体幹が固めきれず、代償動作が出やすくなってしまうので、最初は椅子などに座った状態で行う方がおすすめです。

エンプティカンエクササイズ


親指を下に向けダンベルを持ちます。
肘を伸ばしたまま肩を30°ほど持ち上げていきます。
ポイントとしては体の真横に上げるより30°ほど斜め前に上げるように行いましょう。
20回程度行います。

エクスターナルローテーションファーストポジション


横向きに寝ます。
ダンベルを持ち上腕と床と平行にし、肘を90°にします。
肘が浮かないように注意して肩の位置を動かさないよう手を上に持ち上げていきます。
20回程度行います。

エクスターナルローテーションセカンドポジション

椅子の背もたれなどを利用して安定して肩関節を90°横に上げた体勢を作ります。
肩が動かないように注意してダンベルを持った手を床と平行まで倒し、戻していきます。
20回程度行います。

エクスターナルローテーションサードポジション

椅子の背もたれなどを利用して安定して肩関節を90°前に曲げた体勢を作ります。
肩が動かないように注意してダンベルを持った手を床と平行まで倒し、戻していきます。
20回程度行います。

まとめ

五十肩や四十肩は一度症状が出てしまう完全に治るまで時間がかかりやすく、その間の痛みも強い傾向があります。

冒頭で100%四十肩を予防できるわけではないと書きましたが、これらのトレーニングを行う事で発症した際の症状を軽減する事ができます。

自宅でも出来るので肩の違和感がある方は行ってみて下さい。

トレーニング&整骨院 LIBONA
東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
☎03-6876-7711

トレーニング、治療体験受付中
¥5400

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
詳細はメール・電話にてお問い合わせ下さい。
libona.jp@gmail.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP