ブログ

プリッとしたお尻を目指す女性のために!臀部の構造からみるお尻について。

女性のヒップアップトレーニングが今のトレンドで、ジムで見かける女性のほとんどがヒップトレーニングを行なっています。
ヒップのトレーニングはおしりの構造や働きを理解した上で行うと、より効果的にトレーニングができます。

お尻の構造からトレーニングについて見ていきましょう。

お尻の筋肉の構造

おしりの筋肉は表面では大きな筋肉が小さな筋肉を覆い、深層部では小さな筋肉が複雑に入り組んだ構造をしています。

ミルフィーユのように層になっているので、奥の筋肉・表の筋肉と双方をトレーニングする事で、立体的なプリッとしたおしりになります。

それぞれの筋肉を見てみましょう。

大臀筋

引用:グレイ解剖学

骨盤から足の骨についています。
表層筋と深層筋に分かれており、表層筋は仙骨・尾骨から腸脛靭帯まであるので多くの関節を跨ぎ、深層筋は腸骨外側から大腿骨まで付着し直線に伸びています。

一つの大きな筋肉と思いがちですが、表層と深層に分かれ更に動きが異なります。

働き

運動軸によって大殿筋の機能が変わります。
股関節から足を前後に動かす屈曲-伸展軸と、股関節を足を左右に動かす外転-内転軸があります。
伸展・外転で表層繊維、伸展・内転で深層繊維をトレーニングすることができます。

大臀筋のトレーニングでは足を開いた股関節の伸展と足を閉じた股関節の伸展と双方行う事で、表層と深層を分けてトレーニング出来ます。

中臀筋・深層外旋六筋

この中臀筋と深層外旋六筋は共に、骨盤から足の骨についているお尻のインナーマッスルです。

引用:グレイ解剖学

中臀筋の働き

主に足を外に広げる外転の動きで働きますが、床に足を着いている状態では足の骨が外に流れないよう働きます。
この筋肉が弱くなったり機能が低下してしまうと、歩行の際にお尻を左右に振って歩くトレンデンブルグ歩行に陥ってしまいます。

深層外旋六筋の働き

深層にある筋肉で靭帯と共に足の骨を固定させる役割があります。
足を内旋させた状態から外旋に移動させる時に主に働きますので、方向転換やスポーツ中の動作で使われます。

お尻のトレーニング方法

お尻のトレーニング方法に関してはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

おしりの筋肉は足の位置や骨盤の位置を安定させるために使われる筋肉が多く、最も外側にある筋肉は様々動作で使われる大きな筋肉です。
下半身を安定させるたい場合に最も重要な場所なので、転倒予防や安定した歩行など日常生活の向上という面でもトレーニングする必要がある場所です。

LIBONA トレーニングジム&整骨院

東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
JR巣鴨駅 徒歩2分 都営三田線巣鴨駅A4出口 徒歩2分
TEL 03-6876-7711

体験受付中 60分 ¥5,400

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
詳細はメール・電話にてお問い合わせ下さい。
libona.jp@gmail.com

関連記事

PAGE TOP