ブログ

免疫力を高めるとは?病気にならない身体のための3つのポイント

世界的なパンデミックとなっているコロナウィルス。

いぜん猛威を振るうコロナウィルスですが、ワクチンが出来るのはまだまだ先と言われています。感染力も非常に高いコロナウィルスの立ち向かうために重要なのは、やはり自分の免疫力です。

ただ、一口に免疫力を高めると言っても漠然としていて何を行えばいいか分からない事も多いと思います。

今回は免疫力を高めるために必要なポイントについてみていきましょう。

食事(栄養)

免疫力アップのために欠かせない要素としてまずは食事が重要です。
身体に取り入れる食は様々な影響を身体に与え、栄養の不足した食事を摂り続けると免疫力は低下してしまいます。

身体に侵入したウィルスや病原菌は白血球といった細胞や免疫グロブリンと呼ばれるものによって身体から排除されます。一度入ってきた病原菌やウィルスは再度侵入してきた際に素早く対応できるように身体の中で分析されます。

これを抗原抗体反応といいます。

抗原は病原菌やウィルスを指し、抗体は身体の中で作られるそれらを排除する免疫グロブリンの事を言います。この免疫グロブリンはたんぱく質から作られます。

日々の食事においてたんぱく質量が低下してしまう事は免疫力の低下につながってしまいます。

腸内細菌

更に免疫力に欠かせないのが腸内環境(腸内細菌)です。
食事や呼吸によって細菌やウイルスが侵入する危険の高い腸には、最大の免疫機能が備わっています。全身の免疫細胞の7割が腸に存在するといわれ、腸が最大の免疫器官と呼ばれています。

ヒトの身体を解剖学的な視点からみていく口からものを取り込み、腸で吸収され肛門から便としては排出されます。「口、咽頭、食道、胃、小腸、大腸、肛門」は一本の管になっているため、これを消化管と呼びます。

消化管は言い換えると口、肛門を通して外の環境に直接さらされている状態ともいえます。外の環境からとり入れる物の代表は、もちろん食事(栄養)ですが、それ以外にも病原菌やウィルスなども取り込んでしまいます。

病原菌やウィルスが取り込まれたままになってしまえば、もちろん病気になってしまいます。そのためヒトの身体の免疫細胞は消化管、特に腸に集中して存在しています。体内の免疫機構では腸に存在する腸内細菌の存在が欠かせません。

たんぱく質不足や腸内細菌を増やすためには
ヨーグルトや納豆などの高タンパクな発酵商品がおすすめです。

睡眠

風邪気味や体調が優れない時は本能的に早めに布団に入り、横になる事が多いと思います。

この反応には実際に身体のメカニズムが存在します。

風邪やウィルスに感染するとリンパ球から免疫系の調節などを行うサイトカインと言われる物質が産生され身体の防御反応が起こります。

このサイトカインはウイルスの増殖を抑制する働きのほかに、脳に作用して睡眠を誘発させる作用を有することが明らかになってきました。

風邪をひいた時の事を考えると、熱が出てくると眠気が出てくると思います。
これは免疫の働きが活性されている事に関係があります。

病気や体調を整えようとする時や体力回復のためにも睡眠は重要であることがわかります。

理想の睡眠時間は個人差があり、現在でも分かっていないことが多いですが様々な研究を見ていくと7時間程度の睡眠が望ましいとされています。

また、時間よりも質の高さの方が重要ともされているため、日中にしっかりと動き深い眠りを行うことが重要です。

運動

コロナウィルスの流行に伴い、勤務形態がテレワークになっている方が多くなっています。

それに伴い通勤で行っていた、歩行や階段の上り下りといった運動量が確保できなくなってしまっています。

文部科学省スポーツ庁はテレワークや外出自粛に伴う健康ヘの影響について以下のような見解を示しています。

民間の調査によると、外出自粛等によって以下のような生活習慣の変化や体への影響が報告されています。
1)1日当たりの歩数が減少
2)体重が増加
3)休校中に運動不足や生活リズムの乱れ、自宅学習の集中力が続かないこと等の訴え
4)テレワークによる「肩こり・腰痛」「目の疲れ」等の不調の訴えが増加
5)座位時間が長くなることにより、血流の悪化や血栓ができるリスクが上昇  など

スポーツ庁 新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/jsa_00010.html

更にこういったリスクに対しての運動の効果として

自己免疫力の向上 感染に対する抵抗力
ストレス解消 メンタルヘルスの改善
体重コントロール  生活習慣病の予防・改善
体力の維持・向上 筋力の維持・向上
血流の促進   腰痛・肩こりの改善・冷え性・便秘の解消 良好な睡眠
〈子供〉    ●発育期の健全な成長 
〈高齢者〉 ●筋量・筋力の維持 転倒防止   ●認知症予防  ●食欲増進

スポーツ庁 新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/jsa_00010.html

としています。

感染症対策の観点から三密を避けるようにしながら、運動を行う事は免疫力向上にはもちろん、その他にも身体を健康に保つために、必須となります。

まとめ

コロナウィルスの猛威はまだ止まらず、東京都での感染者数は上昇傾向にあります。

食事、睡眠、栄養の三本柱は免疫力を高めるだけでなく、基本的な健康習慣です。テレワークの導入より、生活様式がガラッと変わった方も多いと思います。

当店では運動が苦手な方へのプログラムや食事のアドバイスも行っております。

今一度生活習慣を見直して免疫力を高めていきましょう。

LIBONA トレーニングジム&整体院

東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階

JR巣鴨駅 徒歩2分
都営三田線巣鴨駅A4出口 徒歩2分
JR大塚駅 徒歩10分
都営三田線千石駅 徒歩10分
TEL 03-6876-7711
トレーニング体験 60分 ¥5,500

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。下記「詳細はこちら」をご確認ください。

関連記事

PAGE TOP