ブログ

以外と知らない整骨院と整体院の違いについて

近年、整体院や整骨院、接骨院、治療院、ストレッチ専門店など様々なボディケア・治療を掲げた店舗が増えてきています。
特に整骨院と整体院は街中でよく見かけることも多く名前も似ていますが、実は明確な違いがあります。
その違いとは何でしょうか?

整体院

整体とは様々な開業権の無い資格の保持者の方がもみほぐしや治療を行う場所です。
タイ古式マッサージや足つぼ、リラクゼーションサロン、リンパマッサージやカイロプラクティックも日本では整体に該当します。

つまり無資格でも、誰でも始めることが出来るのが整体です。
整体学校も日本の教育基準法・基本法に則ったものではないため、卒業しても公的な資格は得られず、あくまで民間資格の取得になります。

またそういった整体学校やセミナーに関しては期間も様々で中には1日で終了してしまうものもあるので民間資格の中でも技術や信頼性が変わってきます。

ただ「理学療法士」というリハビリを行う資格は国家資格ですが開業権がない為、整体院として開業する理学療法士の方もいるので、整体院を利用したい場合には施術者の資格を見てみる事が重要になります。

整骨院・接骨院

整骨院は、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷といった骨や筋肉、関節、の怪我に対する処置や施術を受ける事ができる場所です。
開業するためには柔道整復師という国家資格が必要になります。

この柔道整復師は専門学校(3年間)や柔道整復師学科の設置されている大学(4年間)で解剖学、生理学、病理学やリハビリテーション学、柔道整復学などを履修した後に、国家試験を受け合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。

整体師と違い国家資格に該当します。

また骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷に対する治療には保険を使用する事が可能です

整骨院を開業するためには店舗の構造設備基準を満たす必要があります。
整骨院の構造設備基準は衛生面はもちろん採光や換気まで取り決められていますので構造、設備の面からも安心して施術を受けていただける環境になっています。

ちなみに整骨院と接骨院は名称の違いであり、中身は全く一緒のものです。

施術内容の違い

整体院と整骨院の資格の違いは述べましたが、実際行われている内容に関してはどうでしょうか?
整体院といっても提供されるサービスは変わってきます。
もみほぐしや痩身や美容に特化したものなど様々です。
『整体』という言葉は非常に包括的な言葉なので分類が非常に難しくなります。

では整骨院はどうでしょうか?
柔道整復師は骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷に対する保険を使った治療が行われますが、保険の範囲内では時間や内容にも制約があるため満足のいく治療が提供できない事があります。
なので現在では保険診療とは別に自費診療として筋肉や関節に対する知識を生かし、もみほぐしや骨盤矯正を行っている場所もありますので、提供されるサービスの差がなくなってきている事実もあります。

まとめ

整骨院だから技術が絶対に上であるというわけではありませんが、3年間のカリキュラムの後に、国家試験に合格しなければ整骨院は開業できないので信頼性は高いと思われます。

ただ、整骨院と整体院は資格や設備・構造などの面で明確な違いがありますが、提供されるサービスは様々で、その差はだんだん曖昧になって来ています。

そうした今だからこそ国家資格保有というのは一つ大きな判断基準になります。

LIBONAでは柔道整復師が治療、トレーニングを行いますので、安心してお身体の事をご相談下さい。

トレーニング&整骨院 LIBONA
東京都豊島区巣鴨1-30-6 第3マルナカビル1階
☎03-6876-7711

トレーニング・治療体験受付中
60分¥5,400

来店できない方のためにオンラインパーソナル受付中です。
詳細はメール・電話にてお問い合わせ下さい。
libona.jp@gmail.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP